Menu
久しぶりの日記は、私がやっている音楽の話題から。

私は趣味で音楽活動をしていますが、
突然、来月にCDをリリースする事になりました。

yahooニュースより
Yahoo ニュース



以前の日記にも書きましたが、私は現在、ドラム、スティールドラム、そして鍵盤奏者として、2つのグループに所属しています。


大人になってから音楽を始めた私は
グループに入るのに本当に苦労していました。

始めた当時はドラムも(今でもそうだけど)上手じゃなかったから、あの時は音楽を楽しんでやれてなかったなって思う。
あの頃はグループを組んでいる人達をみて、本当に羨ましかった。顔はきっと笑っていたけれど、心は孤独だったと思う。

今でもつくづく思うけど、そもそも音楽の才能は皆無だし、音楽だって寝ても覚めても音楽が凄い大好きかっていうと、ちょっとそれは疑問。(確かに音楽が無い人生は無理だけれども…)。

つても無い中で、ひたすら毎日休みなく様々な場所へ飛び込んでは人と触れ合い、自分に合う音とそして出会いを求めて出歩いていました。

辛かったのに、何故か音楽をやめられなかった。何故辞められなかったのか、その理由は今でもわからない。
それは今でも本当に不思議です。


多分…、私は、音の中に埋れて、溶け合う、その瞬間の感覚が忘れられなかったんだと思う。


そんな渇望にも似た感覚を抱えて2年程過ごしてー。そして出会ったのがこのメンバーです。




なんと出会いは合コン。

その4日後にスタジオへ入って、セッションしてその場で加入することになり、何だかんだで8年も続いているのは本当に不思議な話です。
気がついたら当時のメンバーは6人もいたのに今は私を入れて3人だけ。



今はみんな結婚をして、子供がいたり
本当に普通の幸せな人生を送る中で、自然にまるで空気みたいにみんなの中に存在している家族みたいな関係のグループです。

だから、別にデビューしようとか、有名になろうとか、そういうのは全く無く、ただ、楽しむだけの為、記録を残す為に作品を作る。そんな感じで活動していました。常にマイペースを崩さなかった。


気がついたら、一緒に遊んでいた友達のグループ達が、有名になったり、本当に素晴らしいグループなのに事情があって解散してしまったり、私自身もひょんなキッカケから、そこそこ有名なバンドにキーボードとして加入する事になり、ライブやレコーディングなど忙しい日々を過ごしていた中、このグループの時間だけはゆっくりと、そして何も変わらず、常にマイペースに時が流れてゆきました。


しかし去年、長い付き合いだった可愛い弟が私たちから離れる事が決まり、それはとっても悲しい出来事だったけれど、新たに新しい家族を迎え入れることとなったのです。


変容と引き寄せ、というものは本当に凄いもので、今年の初めに突然ひょんなご縁を頂き、この度レーベル契約し、4月15日にriccoレーベルよりアルバムを出す事になりました。(レーベル名が姉の名前と、発売日が彼女の誕生日前日ってとこが何だか笑える。)


全国のタワーレコードやディスクユニオン、Amazonなどで発売し、6月15日は吉祥寺でリリースパーティーをします。


このグループはお世辞にも演奏が上手なグループとは言えないし、メッセージ性がある訳でもなく、明るく楽しめる音楽かというとそれも違う。
けれど、聴く人の心をそっと優しく包む寄り添う楽曲が多いのでは無いかなと思っています。

それは私たちのコンセプトである、「みんなで一つに繋がること」のいうことが音に現れているからなのかも知れません。

Sound
Oversleep Excuse Sound
http://www.fleursy.com/riccolabel/discography/ric017_japanese.





スポンサーサイト

Trackback