Menu
深夜


深夜の羽田空港。


世の中は不況だなんて行っているけれど、なんのその。
ホノルル行きのロビーは満員で、人がぎっしりだった。


仕事柄、人の海外出張の手配は散々するわりに、海外へ余り行かない私は
初めて降り立つ国際便の羽田に、『これが羽田か~』と一人呟き
綺麗な空港内をぐるりと見回した。

羽田に国際便が出来たのは本当にいいですよね。
何だか作りもコンパクトですっきりして私は好き。


深夜なのでお店も殆ど閉まっていて、レストラン街はとても静か。

仕方なくロビーに戻り
ぼんやり空港の夜景をみながら不思議に思う。
あぁ・・そういえば今からドリーンに会いに行くんだっけ。
もうすぐ念願のドリーンと対面できるんだ・・・。

何だか変な気分だった。



全然関係ない話になりますが、私は飛行機が大が1000個位つくほど嫌いです。


トラウマになったのは小さい頃『日航ジャンボ機墜落事故』のニュース。
当時坂本九さんが大好きだった私は(年齢がバレますね)、物凄い衝撃を受けてしまった。
あんなにしょっちゅうTVに出ている人がいなくなってしまったという衝撃と
繰り返し流されるあの痛ましいニュース。

あの事件のニュースを見て絶対何人かは(いや、もっと)私の様に飛行機が嫌いに
なってしまったんじゃないかと思う。


周りにいませんか?そういう人。
絶対いると思うんだけどな・・



そしてそのトラウマを決定打としてくれたのが、小学校5年の時に行った
ロスからの帰りのフライトだった。


当時、母の双子の姉の家族がロサンゼルスにおり、可愛い子には旅をさせろとばかりに
私は単身でロスに遊びに行くことになった。

今考えてみると飛行機嫌いの私がよくも独りで飛行機に乗ったなと思うけれど
(ちなみに『九死に一生を得る』という何処から手に入れたのか、訳の分からないお札を持って行きました。)



その恐怖が呼んでしまったのか。。。


帰りのフライトで戦後最大の台風に見舞われる事になってしまったのだ。
ジェットコースターのように上下に揺れる機体。
着陸できずぐるぐると飛んでいる状況に私は大パニックを起こしてしまい
CAを呼ぶボタンを高橋名人も仰天する位物凄い勢いで連打したことは言うまでも無く・・


そんなトラウマから、私はどうしても飛行機に乗る事になってしまった場合は
軽い睡眠薬を飲む事にしているのである。
寝てしまえば苦しむことは無いと(どんだけ大げさなんだか)


しかし、今回のフライトは深夜という事もあってか
何だか既に眠くてぼんやり。
大嫌いな離陸もなんなくクリアし(大げさ!?)穏やかなフライトの時間を過ごす事となった。

窓


スポンサーサイト

Trackback