Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -






昔から宇宙が大好きな子供だったと思う。


私が初めてバシャールと出会ったのは中学生の頃。
貯めたお小遣いでとある2冊の本を買いに古本屋に行ったことを
今でも鮮明に覚えている。

欲しかった本のひとつは、これも私の人生に大きな影響を及ぼしたシャーリーマクレーン著の『アウト・オン・ア・リム』。

そしてもう一つはこの本だった。


今考えるとバシャールは私の人生をすっかり変えてしまったの思うけれど
その頃の私にとっては何度読んでもちんぷんかんぷんで、全く理解することが出来なかった。
(本を読みながら何度も眠ってしまった位・・・)

その位、その頃の私は深く深く『眠っていた』のである。



『ワクワクすること。 情熱に従って行動をすることー。』


バシャールが何度も繰り返し話してくれる言葉だ。

バシャールは何故これほどまでに人々に愛されるのか?


それはバシャールが私たちと同じDNAを持っているからだと思う。





エササニ星の系譜を辿ると、ゼータレチクル星と地球に辿りつく。


ゼータは『統合』をするために感情というものを排除していってしまった。
しかしそのことが自分自身の星を滅亡へと向かわせてしまっている事に彼等は気がつかなかった。
彼等が星を滅亡から救うには感情を取り戻さなければならなかった。


そこで選ばれたのが、マザーアース・・『地球』だった。


一方地球は感情の豊かな星。複雑な感情のエネルギーが飛び交う宇宙では『ちょっと変わった星』だ。
地球もゼータと同じく『統合する』という深い学びがあった。
本来の自分たちに還るために―。


そこでゼータと地球に一つの契約が交わされたと言われている。


そしてDNAの交配が行われ、ゼータと地球のあいのこが誕生した。
それがエササニであると言われている。


バシャールはダリルアンカの未来世。
地球人の思考パターンをよく分かっているが故に
同じ目線から彼らは私たちにハッとさせられるようなメッセージをくれる。


彼らのメッセージはとても深く、ストンと腑に落ちることが多い。

中には何故か懐かしく感じる人たちもいるだろう。


それは彼等が私たちと同じ『過去』という存在を瞬間瞬間
共有しているからなのではないかと思うのである。





本当の自分とは自分が一番ワクワクすることを毎瞬毎瞬行動する自分です。

他の人を変えようと思っても、他の人は変えられないということです。そして自分のまわりの世界を変えるための一番簡単な方法は、自分を変えることです。


今生きているところに生きる、ということから始めてください。

現在に生きることです。これは大切なことです。

過去や未来に生きようとすると、今必要な情報を見つけようと思っても、今現在、ここにいないということになりますので、手に入りません。

一番必要なことは何かということを思い出すためには、100パーセント信頼することです。

今現在やっていることを信頼することです。

                             バシャール
スポンサーサイト

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。